外壁塗装ってこんなに実用的なの?!

外壁塗装なら当サイトにお任せ!

外壁塗装と屋根の塗装を同時にするメリット

外壁塗装と屋根の塗装を同時にするメリット せっかく高いお金を出して購入したマイホームも年月が経過すれば劣化してしまうため、定期的に適切なメンテナンスを行うことが不可欠です。
もともとの塗料の種類にもよりますが、一般に外壁塗装は新築から10年程度を目安にしておいたほうがよいといわれています。
メンテナンスを忘れて放置してしまうと、雨水が本体のほうに染み込んでダメージを与えるなどのトラブルが生じやすくなります。
この場合には紫外線や風雨が直接当たる場所ということでは似たような環境に置かれている屋根の塗装もあわせて行っておくと、さまざまなメリットが期待できます。
塗装工事にあたって費用の大きなウエイトを占めるのが、足場を組んだり塗料が不要な箇所の養生をするための準備費用です。
外壁塗装と屋根の塗装を同時に施工するようにすれば、別々に工事をするよりも回数が少なくて済みますので、トータルで見ると費用の大幅な節減につながります。
もちろん期間のほうも短縮できますので、雨などの天候の影響をそれだけ受けるリスクが少なくなるところもメリットのひとつといえます。
これらは専門の会社にいったん見積もりを提出してもらい、金額の比較をすることでいっそうはっきりと分かるはずです。

屋根・外壁塗装を失敗しないためのポイントとは

屋根・外壁塗装を失敗しないためのポイントとは 建物の屋根や外壁塗装の色を決めるという時には、事前にどのようなものにしたいのかを決めておくようにしましょう。
外壁塗装に関する知識がないため、業者任せにしたいと感じる人もいるかもしれません。
しかし、そこに住み、暮らしていくのは依頼者です。
業者任せにするとは言っても、結局最終的に決めるのは依頼者ですので、あらかじめ希望を明確にすることにより、色を決める時間や手間を省く事が出来ますし、後悔も少なくなるはずです。
色のイメージは一人ひとり異なります。
思い描いていた理想と実際に作業を終えた状態に開きがあれば、全て最初からやり直さなければならなくなります。
そこで、必ず見本や写真などをお互いに確認し、認識を共有するようにしましょう。
もし、可能であれば実際に塗装をした建物を見せてもらったり、大きな範囲に塗装をしたところを見せてもらうことによって、塗装後のイメージもしやすくなります。
家のイメージは屋根と外壁塗装によって決まっていると言っても過言ではありません。
その組み合わせによっては、周辺の景観を損ねる可能性もありますので、過度に気にする必要はありませんが、ある程度周辺の景観も考慮することをおすすめします。

外壁塗装工事はDIYでもできるものでしょうか?

外壁の汚れが目立って来た、外壁の一部に藻が付着してしまい、緑色に変色してしまった、ひび割れている個所があるなど、外壁塗装を行うべきタイミングの知らせと言っても良いでしょう。塗装業者に外壁塗装を依頼するとなると100万円前後の費用が掛かるなどからもDIYで行うことはできないのか考える人も多いのではないでしょうか。結論から言えば、自分で行うこともできますが、外壁塗装は高所の作業も含まれるため、梯子などでの作業は危険です。 外壁塗装工事の方法の中には、安全な作業場所の確保および周辺住宅への水しぶきやスプレー塗装時の塗料の散布を防止するなどが求められます。作業場所の確保は足場であり、隣接する住宅への塗料や水しぶきの防止は養生です。DIYで外壁の損傷している部分をメンテナンスする、金属部分は錆などをきれいに落とすなどの作業はできても足場を作ることや養生を設置することはできないなどからも専門業者に依頼するのがお勧めです。

経年劣化した外壁塗装をDIYで再塗装することができるか?

外壁塗装は時間が経過するにつれ徐々に劣化していきます。やがて塗装が浮きあがってきたり、ひび割れが発生したりすると寿命となり、再塗装が必要になってきます。外壁全面を再塗装するとなると、DIYで行うのはなかなか大変です。特に手の届かないような高い場所を塗るのは簡単でないばかりか、危険も伴います。そのような場合はやはりプロの業者に外壁塗装を依頼するのが無難です。 しかし一部分だけの塗料が剥がれたり、ひび割れていたりしているだけであり、しかも手が届く範囲であるならDIYも可能でしょう。ホームセンターに行けば塗料やローラー、刷毛、シンナーなど必要な材料を揃える事ができます。それほど高額でもありません。剥がれてきてきている部分を全部剥がしてしまい、その後再塗装していけばOKです。目立たない場所であれば、多少色合いが違っていても気にすることはありません。目立つ場所であれば、周りの色と近い色になるように調合する必要があります。応急処置ではありますがしばらくは持つでしょう。

高圧洗浄にこだわった住まいの外壁塗装工事

マイホームを建築した後は、10年に1回の割合で外壁塗装工事を行うのが一般的です。経験豊富な職人が丁寧に作業をする会社に依頼することも重要ですが、塗装前に建物全体を丁寧に洗浄することも大切です。高圧洗浄を丁寧に行う会社に発注すると、仕上がりが美しい外壁塗装工事を行うことができます。また塗装工事で使う塗料は様々であり、建物の状態や予算に合わせて最適な製品を選ぶ必要があります。事前に希望する予算などを施工会社に伝えると、施主のニーズに合った外壁塗装のプランを示してもらえます。塗装会社の見積もりは無料が原則であり、いつでも気軽に複数の施工プランを比べることができます。耐久性に優れた塗料も人気がありますが、遮熱性を高められる塗装プランも魅力的です。そして住宅全体を高圧洗浄した後は、劣化が進んでいる個所を補修することが重要です。特に錆などを丁寧に落とすと、建物全体の塗り替え工事の仕上がりも綺麗になります。

外壁塗装に掛かる時間は作業工程で変わります

外壁塗装を行う要件としては古い塗料が劣化したり、変色や破損が見られる際には住宅を守ることや浸水被害を解消すること、イメージチェンジも行えます。一般的な戸建て住宅を例にすると、通常は6年から8年程度の期間で外壁塗装を行う方が多い傾向にあります。初めて施工する方は作業を完了させるまでの時間が気になってしまうことがありますが、一般的には全部で5日間から6日間程度の日数が必要です。塗装作業だけに絞ってみると、施工の工程により違いが出ていることも普通です。例えば下地調整を行った後に下塗り塗装を施す場合は、完全に乾燥するまで待機しなければならないので、その後に希望した色の塗料を2度塗りという設定であれば、日はまたぎますが15時間程度の作業で済ませることは可能です。外壁塗装の場合は日数が掛かるのは足場や養生、洗浄などが必要となるためで、塗装作業に限定をしてみた場合では、意外とスピーディーに作業を終わらせることはできます。

外壁塗装の会社選びて失敗しない選び方のこつ

外壁塗装を考える時にどの会社に洗いするかは大切です。大事な家の修繕をすることは大きな行動で、さらにかかる費用も安くはありません。しっかりした信頼のできる会社を選ばなければなりません。選ぶ時にはまずは見積もりを作成してもらいます。数社に見積もりを出して比較すると料金や施工の方法の違いが分かり、高すぎず安すぎない適正な条件を出した業者を選びます。他にも外壁塗装の施工実績を調べる事で、悪徳な施設では極端に実績和が少なかったり、営業スタッフに実績を聞いてもはっきりとした数字を答えない場合もあります。この他にも営業スタッフの対応、アフターフォローや保証がしっかりしているかなどを確認します。特に大事なのがスタッフの態度で、決めてもらえれば料金を安くするなどの甘い言葉をちらすかせたり契約をせかす業者は危険です。営業スタッフはその業者の顔とも言えるもので、少しでも怪しいと感じた場合には、別の業者を探す事が大切です。

もっと外壁塗装を知るなら

外壁塗装

新着情報

◎2022/5/30

情報を更新しました。
>外壁塗装工事はDIYでもできるものでしょうか?
>経年劣化した外壁塗装をDIYで再塗装することができるか?
>高圧洗浄にこだわった住まいの外壁塗装工事
>外壁塗装に掛かる時間は作業工程で変わります
>外壁塗装の会社選びて失敗しない選び方のこつ

◎2022/1/31

サイト公開しました

Copyrignt(c) 2022 外壁塗装ってこんなに実用的なの?!  All Rights Reserved.